最近の投稿

産業廃棄物・収集運搬業許可の取得をご検討の会社様へ

「ウチの会社は産廃の収集運搬業許可が必要なんだろうか?」
と、ぼんやりとお考えの社長さんはおられないでしょう。
もっと切実で、もっと真剣で、どうしても許可がないと困る――
実際にお会いしてみると、そのくらい深くお悩みの社長さんが
数多くいらっしゃいます。
私は建設業許可や産業廃棄物許可が必要な会社さんの代わりに
書類を作成し、行政窓口に申請をして、無事に取得するのを業
としている行政書士をしております。
産業廃棄物許可のプロとして、社長さんのお悩みを解決し、
許可が取れるまで最大限のお手伝いをさせていただきます。
私は社長さんから報酬をいただく立場です。
お金をお支払いいただく社長さんからすれば、
「この行政書士に任せて本当に大丈夫なのか?」
そうお思いになるのはもっともなことでしょう。
ご安心ください。
いままで多数の許可申請のお仕事をさせていただき、
すべて無事に許可を取得してきました。
このホームページをお時間の許す限りご覧いただきまして
ご納得いただきましたら、ご連絡ください。
またご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
きっと社長さんのご期待にお応えいたします。
よろしくお願いいたします。

産廃・収集運搬業許可(積替保管なし)を取得するには

以下のすべてを満たしていただく必要があります。

・産廃を積み込む場所(収集先)と降ろす場所(処分先)を決める

→収集先だけでなく処分先の自治体の許可も必要となるため。
※収集先の産廃の種類と処分先が扱うことのできる産廃の種類が
合致しているかどうか処分業者にご確認ください。

 

・収集運搬する産廃の種類を決める

→(種類)どんな産廃を収集運搬したいのか
※産廃の種類によっては行政との事前相談があるため日数がかかることがあります。
※後で種類の追加をすると変更許可という手続きで余計な手間と費用がかかります。

 

・収集運搬するための必要な施設がある

→(容器)産廃を収集運搬する容器はどんなものか
→(車両)産廃を収集運搬する車両はどんなタイプで何台あるか
※容器と車両は収集運搬する産廃の種類に適したものである必要があります

 

・行政が指定する講習会を受講した修了証がある

→講習会の種類と許可申請の種類に応じた講習を受講すること
(例・産業廃棄物の収集運搬を新規で取得したい場合
産業廃棄物の収集運搬課程の新規講習会の修了証が必要)
※行政が指定する講習会のことはこちらをクリックしてください

 

・産廃収集運搬業を継続して営業できる財務基盤があること

→直近3期分の決算書の内容によっては、追加書類が必要となる場合あり。
※追加書類は中小企業診断士などに依頼する必要があるため料金別途です。

産廃・収集運搬業許可(積替保管なし) ご用命の手順

当事務所へのご連絡は、社長さんまたは権限のある担当者様に限らせていただきます。

【以下の方からのご連絡は辞退したします】
・社長または担当者であっても暴力団員または暴力団員であった方
・暴力団員または暴力団員であった方が株主である会社様
・法令違反により許可の取消になって5年未満の会社様

 

1. お電話またはFAXでご連絡ください

TEL:042-707-9183 / FAX:042-707-9332

※許可を取得するためには、このホームページで前述したこと(収集先や処分先を決める、講習会修了証がある等)をすべて満たしている必要があります

2. 必要な書類と代表者印などをご用意ください

・産業廃棄物収集運搬車の車検証の写し(すべての車両分)
・産業廃棄物収集運搬車の賃貸借契約書の写し(リース車の場合のみ)
・車庫の賃貸借契約書の写し(車庫が借地の場合のみ)
・講習会修了証の写し(有効期限内のもの)
・決算書(直近3期分)
・会社の定款のコピー
・収集運搬する産業廃棄物についての情報
・申請手数料(1つの自治体につき81,000円)
・許可証の写し(他の自治体ですでに許可を受けている場合)
・身分証明書(すべての役員様分。本籍地の市役所で発行)
・会社の印鑑証明書(印鑑カードが必要。法務局で発行)

3. 必要な書類を受領後、当事務所が業務を開始いたします

※追加書類が必要となる場合もあります。
その際はご協力をお願いいたします。

4. 手続きが終わりましたら、遅滞なくご報告いたします

ご請求書をお渡しさせていただきます。
お預かりしている書類等を返還させていただきます。

料金について

以下、神奈川県内の収集・運搬業許可(積替保管なし)を例にお伝えいたします。

 

収集先と処分先が同じ自治体である(新規許可)

60,000円(料金)+81,000円(申請手数料)=141,000円(税別)

収集先と処分先が異なる自治体である(新規許可)

{60,000円(料金)+81,000円(申請手数料)}×2=282,000円(税別)

収集先と処分先が同じ自治体である(更新許可)

60,000円(料金)+73,000円(申請手数料)=133,000円(税別)

収集先と処分先が異なる自治体である(更新許可)

{60,000円(料金)+73,000円(申請手数料)}×2=266,000円(税別)

収集先と処分先が同じ自治体である(変更許可)

60,000円(料金)+71,000円(申請手数料)=131,000円(税別)
(※取り扱う産廃の種類の追加の場合。積替・保管ありを含む場合は別途見積り)

収集先と処分先が異なる自治体である(変更許可)

{60,000円(料金)+71,000円(申請手数料)}×2=262,000円(税別)
(※取り扱う産廃の種類の追加の場合。積替保管ありを含む場合は別途見積り)

【ご注意】
※ご相談料は1時間5,000円を申し受けます。正式契約時に割引させていただきます。
※自治体によっては別途実費が必要となる場合があります。
※特別管理産業廃棄物を取り扱う場合は別途お見積もりさせていただきます。
※決算書の内容によっては、中小企業診断士が作成する診断書が必要です(料金別途)。
※申請に必要な官公庁書類の取得は無料で行いますが、役所への交付手数料や郵便料金等の実費はご負担いただきます。
※神奈川・東京以外の自治体への申請は、日当と公共交通機関の交通費を申し受けます。

定款の変更、法人化、社会保険加入手続きも承ります

許可(積替保管なし)を取得するにあたって法人をお考えでしたり、
定款の変更や社会保険加入手続きでお困りでしたら特別価格で承ります。

法人化(株式会社の設立) 2万円(消費税・別)
※登録免許税や公証人手数料などで別途24万円ほどの費用がかかります。

定款の変更        2.5万円(消費税・別)
※定款に、産業廃棄物を行う旨記載がないと許可は取得できません。
※提携している良心的な司法書士をご紹介させていただきます。

社会保険加入手続き(新規) 2万円プラス1名あたり2,000円(消費税・別)
※雇用保険加入手続きも同額で承ります。

神奈川県相模原市|産業廃棄物許可、安く早くやります!
西門・ふじみ行政書士事務所

☎042(707)9183

現場で従業員とともに働く社長さんのために土日・夜間も対応しています。

〒252-0236 相模原市中央区富士見5-21-21  フローレオ淵野辺201

当事務所の行政書士が外出中や打ち合わせなどで
お電話に出ることができない時がございます。
携帯電話で折り返しご連絡させていただきます。

PAGE TOP
MENU